楽友三田会OSF男声合唱団

楽友三田会に戻る

爺さま合唱団誕生の経緯

井上オキヨさん(4期)の「『希望の島』が歌いてぇーなぁ」というつぶやきから、賛同者の輪が広がり「OSF男声合唱団」が生まれました。2006年9月6日に大森の井上小児科医院に15名のおじい様が集まり発足した唯一年齢制限のある楽友会OB男声合唱団です。

OSFとは”Over Sixty Five”の頭文字を並べたものです。”Our Songs are Forever”という主張もあるそうです。

高校、女子高に音楽愛好会ができ、やがて卒業生が大学に進学し、高校生から大学生までの合唱団「慶應義塾楽友会」が組織された頃は、男声合唱、女声合唱、混声合唱の3本立てで練習を行い、演奏会も持ってきました。

したがって、この時期に楽友会に在籍した男どもの「男声合唱」に対する郷愁は人一倍強いものがあります。

月例の練習日を「第2水曜日」と定め、練習が始まりました。初めは半分飲み食いの会だったものが、真面目に練習するようになりました。現在は第3水曜日が練習日になっています。

そうすると、自分たちの家族にも聴かせたいということになり、2009年4月26日(日)に紀尾井町の松田ホールで「第1回 Family Concert」が開催されました。午後のひと時、爺さま方は歌い終わり感涙に咽んだというわけです。2010年10月には、「第2回 Family Concert」が開かれました。メンバーも増強され、年はとっても声だけは若いのだとがんばって歌っています。その後も第3回が2012年4月に開催され、第4回は2013年10月です。月1回の練習ですので、3年に2回のペースでコンサートを開いています。

高齢者の集まりでは、かならず病気の話が出ます。メンバーにも「リハビリ中で練習はお休み」となったり、鬼籍が現住所になってしまった仲間もいます。OSF発足時の指揮者兼連絡係の小笹和彦さん(4期)がドクターストップで出られなくなり、佐々木高さん(3期)のひと声で「楽友」HP担当カッパにOSF広報係のお鉢が回ってきました。「一緒に歌え」と言っても歌えないので、何か役を押しつけてメンバーに引き入れておくのです。

というわけで、極めてわがままなグループでして「65歳以上になって、しかも、メンバーの何名かの推薦があってはじめて入会が許されるという合唱団」なのであります。これは毎月の練習を行う井上医院の練習用の部屋に入れる人数に限りがあるためです。OSFになったら誰でも来て下さいと言えない事情があります。

こうして、古手の楽友が集まって死ぬまで余生を楽しむ施設みたいなところであります。わがままも許してあげましょう。先輩をあだ名で呼んでも怒られません。(かっぱ・OSF広報係・2011/1/31)

今ではOver Seventy-Fiveです。実際、平均年齢は77歳、最高齢は今年85歳になりますからね。そうです、後期高齢者の合唱団です。(2018/4)


2013年忘年会
2014年忘年会
第5回ファミリー・コンサート 2015
舘野 泉 音楽サロン(岡田先生を偲んで)
第6回ファミリー・コンサート2016 
2017年新年会
2017年忘年会
2018年新年会
第7回ファミリー・コンサート2018
訃報 宮代進五さん
2019年忘年会

 


本ページは頻繁に更新されます。「Ctrl」キーを押しながら
ファンクションキー「F5」で
最新のページを。

OSF通信

OSF 各位

コロナ騒動の終息が見えない中、梅雨時の鬱陶しい天気が続いていますが各位におかれてはお元気でしょうか?

今年1月以来すっかりコーラスから遠ざかってしまい、何とも気勢の上がらない毎日です。

そんな中で、ザザさん、菅野さん、井上雅雄君とZoomミーティングを始めましたが、互いに顏を見ながらの会話は楽しいものです。

今後、賛同者が増え、先々にはオンラインでのコーラスが出来るようになれば素晴らしいと思っています。

来年には、新コロナウイルスに対するワクチン、治療薬の実用化が見えてきています。

今しばらく、オールドボーイズ頑張りましょう。

 

OSF 各位

連日コロナ感染情報に一喜一憂するなか、諸兄におかれては元気に過ごされておられましょうか。

小生、宿命とはいえ感染危機におびえながらも診療に励んでいる毎日です。

歌を忘れて半年、身体的にも精神的にも下降気味。

練習再開、コンサート予定の目途がたたない現状に 、コーラスに対するモチベーションも薄れて行くのが心配です。

諸兄はいかがでしょうか。

とは言え、早期のワクチン、特効薬の開発を期待しOSFの活動が再開されることを心から祈っております。諸兄におかれても、油断することなく感染予防に十分留意されモチベーションを保ちつつ、共にこの難関を乗り越えられることを願っております。

令和2年6月10日    井上  清

 

OSF 各位

平成18年9月6日から13年以上歌い続けてきたOSFの活動が本年1月15日を最後に途絶えてしまっています。

この3か月、高齢の我々にとってコーラスが大きなモチベーションを与えてくれていたものであったことを改めて痛感して います。

いまだコロナ騒ぎの先行きは不透明で連日監禁状態が続いていますが、今だからこそ爺さんパワー、バイタリティーでこの難局を乗り越え活動再開を待ち望みたいと思います。

それまで、諸兄におかれては充分ご承知でしょうが慎重のうえにも慎重に感染予防に留意されることをお願いします。

令和2年4月17日    井上  清

 
OSF 各位

練習の中断、コンサートの延期により本番にむけてのモチベ ーションが下がってしまったことが心配されます。

コロナ騒ぎは依然として先が見えない現状ですが 、各自ご自愛のうえ、この災いを転じて「各曲の仕上げの好機」 と捉えて自習に励まれ、練習再開の折は全員笑顔で集まれることを願っています。

令和2年3月18日     井上  清

 

OSF各位

新コロナウイルス感染症蔓延にあたりOSFコーラス練習、コンサート開催に関し、11日にご案内いたしましたが、当日急遽、佐々木マネージャーとの意見交換の結果、3月22日、4月5日の練習は中止、5月17日の本番コンサートは延期することに決定いたしました。

前回のコンサート以来、各位におかれましては毎月の練習に励まれ、5月の本番を期待されていたことを思うと苦渋の決断ですが、今般の予想外の事態にあたってやむを得ない手段であることにご理解をお願いいたします。

感染状況はまだ流動的ですので、今後の練習のスケジュールおよびコンサートの日程については、追ってご連絡させていただきます。

令和2年3月12日     井上  清 

 

OSFメンバー各位

昨年12月、中国武漢から始まった新コロナウイルス感染症は日本でも拡散し報道では今月19日頃が今後の感染動向を予測される時期と言われておりますが、現時点でも連日全国各地から新たな感染者が報告されております。

OSFのコーラス練習に際し、「高齢」、「換気の悪い限られた空間での密接環境」、「公共交通機関の利用」、「歌うことによる深い呼吸」など感染条件が揃った中での集まりには大きな危険を伴うことが懸念されます。

差し当たり3月22日の練習は、各人万全の感染予防準備を施した上で行う予定ではありますが、今後の感染状況によっては中止せざるを得なくなるかもしれません。

それに伴い、今後の練習スケジュールに支障をきたすようなことになった場合には、断腸の思いですが5月17日の本番開催の中止あるいは延期も考えねばならないと思います。(練習不足、会場および来場者の不安)

以上、医療人のひとりとして現況を見つめた上での考えをお知らせしておきますが、間違った風評、過度の警戒に揺るがされることなく、各人賢明な判断のもと事に当るとともに今後のOSFの方針にご理解、ご協力いただくようお願いいたします。

令和2年3月11日     井上  清

 

4・5月練習中止

念の為に連絡致します。

5月17日のコンサート延期に伴い御連絡済みのゲネプロを含む全ての練習を残念ながら中止致します。

練習再開の時期他情報は追而御連絡致します。

ZZ (4月1日)

 

早速ですが第8回コンサートに向け、下記スケジュールで進みたいと思います。

本番:2020年5月17日(日)
 延期

会場:イタリア文化会館アニェッリホール

*練習スケジュール:(諸事情に依り、変更も御座います)

2020年

1月15日(第3水)・・・・・・・・・・・定期:(練習後の飲み会無し)
2月19日(第3水)・・・・・・・・・・・定期 感染予防のため中止
3月18日(第3水)・・・・・・・・・・・定期 を止め
 3月22日()・・・1:00〜5:00・・・鷹番住区センター 中止
4月 1日(第1水)・・・・・・・・・・・臨時(井上代表宅) を止め
 4 5)・・・1:00〜5:00・・・目黒勤労福祉会館サークル室 中止
4月15日(第3水)・・・・・・・・・・・定期 中止
4月26日(日)・・・・・・・・・・・・・・臨時(1時〜8時頃予定) 中止
5月 6日(第1水)・・・・・・・・・・・臨時(井上代表宅) 中止
5月14日(第2木)・・・・・・・・・・・ゲネプロ 中止
5月17日(日)・・・・・・・・・・・・・・第8回コンサート本番
 延期

何卒他の御予定とバッティングしないよう御願い申し上げます。

 

鬼が笑う先の話

次の第9回コンサートの曲目(予定)

*J・ハイドン・・「男声合唱の為のミサ・プレビス」
*清水 脩・・・・「月光とピエロ」又は  高田 三郎・・・・「季節と足跡」
*ポピュラーソングメドレー

 

問合せ:佐々木 高

OSFのメンバーでメールアドレスを変更・追加される場合は「わかやま」までお知らせください。メール連絡リストも管理しています。

編集部の爺も細かい字はきつくなりました。せめてOSFのページから文字のポイントを大きくします。いかがですか、見やすいはずです。(OSF広報係わかやま・2012/9)

FEST