「楽 友」編集部より

建設的な意見や要望など何でも結構です。どうぞ気軽にメールをください。



小笹和彦(4期)
2009年新年会

HP「楽友」創設者:小笹和彦

「編集部主幹の役を辞任したい」との依頼が2度にわたり届きました。

やむを得ぬことです。かっぱは申し出を受けることにしました。このWeb Siteを立ち上げた功績を讃え、このページから削除することはせず、皆さんの記憶に残したいと思います。(2018/12/27)


1952年



若山邦紘(9期)
2020年1月

HP「楽友」管理人:若山邦紘

原稿を手紙やFAXでくれる人がいます。IT無縁の方です。WEBを自分で見られなくても原稿をくれる人、素晴らしいと思いませんか? 

2008年の6月に小笹和彦先輩(4期)から「オール楽友会のホームページを一緒に作ろう」というメールが来た。2008年とは、まさに「義塾創立150周年」そして「楽友会創立60周年」の年だった。

「楽友会の起源」は1948年新制慶應義塾高校発足の年の6月に遡る。楽友会の前身、音楽愛好会が岡田忠彦先生の許で生まれたのだ。その歴史を変えてはいけない!

  
1947年      1987年     2005年

「楽友」編集部委員

2018/7/3

編集部オザサ主幹も今年の終わりには齢82歳となろうとしています。老いと衰えを感じ始めています。冠状動脈に持病を持って久しいのです。10年前に2人で始めた「楽友」の編集・管理の仕事をかっぱ一人に押し付けてはては可哀想だと思って、原稿集めの仕事や校正・校閲の作業を分担してくれる人材を2人指名してくれました。今日はその二人と会って「編集部会議」をしてきました。言いだしっぺのオザサ主幹は先週から血圧不安定もあり、その会合には出てこられません。歯がゆい思いをしていることと思います。

というわけで、「編集部平均年齢」も若くなりました。新委員2人の紹介をいたします。編集部委員から原稿依頼が届いたら断ってはいけません。断るとカッパが怒ります。

以前からカッパの上げた原稿の「漢字変換ミスなどの校正」を陰で協力してくれた久保美恵子さん(12期)も正式に編集部委員に加えさせていただきます。早速、7月1日OSFページの校正2件発見!がさっき到着。

古くからの校正係

久保美恵子(12期)

 12期の久保美恵子さんが「楽友」のページを、特にアップしたばかりの新原稿を隅々まで目を通して細かいミスを発見しては、かっぱにメールをくれます。

編集部の年寄りが目をしょぼつかせて打ち込んだ文章です。漢字変換の間違い見落としたり、最近では文書を見ながらの入力が、眼の老化か疲労か小さな字を間違えて読んでしまいます。

今日も、MMCの演奏会記事の中の歌のタイトルに一字間違いがありました。「小さな空」が正解なのですが「小さな恋」と書いてしまいました。字が小さいと分からないのです。久保ちゃんのメールで、すぐに修正しましたが、随分前からかっぱを助けてくれています。久保ちゃんは、そういうわけで編集部の陰のお手伝い、「校正係」をやってくれています。(2016/11/11)
新入り編集部員

浅海直之(13期)

 13期の浅海直之君です。小笹主幹が主宰していた東京スコラカントルムのメンバーとして浅海夫妻は現在も活動を続けています。そんな古い関係で声がかかったのです。

彼が1年生の夏、かっぱは大学院生でしたが、清里の合宿に参加し初めて会いました。この学年には可愛い金魚もいて忘れられない学年です。


林みつえ(20期)

 20期の林みつえさんです。長い間、楽友会副会長を務めてくれました。一体、誰が会長の時から楽友三田会の役員を務めていたのか?深井剛良君(24期)の頃からだったか・・・それとも・・・

確か、ことし新会長が藤田克己君(26期)になって、副会長の役を退いたはずです。毎年の楽友三田会役員リストを確かめようと「部室」にある楽友三田会会報のバックナンバーを繰って見たものの出て来ません。名簿には出ています。

新入りと言っても3年目です。お二人さん、原稿集めを一度もしていません。ここに名前があることお忘れじゃあないでしょうね。(2020/9/23)


 

投稿原稿の文書形式について(執筆要領)

ごちゃごちゃ言うのは止めました。誰もがITに詳しい訳ではありません。

pdf文書でもWordに写真貼り込みでも結構です。(2020/11)

  

編集部が喜ぶ原稿スタイル

 「楽友」編集部への原稿は、出来る方は、テキスト(文章)と画像を別々に送っていただくようにお願いします。

 文章テキストはWordでもメモ帳でもメールに直接でも結構です。

 Wordの文書に画像は貼り込まないようにお願いします。貼り込んだ画像をコピーしてWebに貼り付けが出来ません。画像ファイルを変換しなければなりません。

 画像の挿入場所を指定したい場合は、本文にその旨「写真1」とか「挿入位置」を書き入れてください。

 編集部で使用しているGmailでは、添付ファイル(1回分)の容量は合計25MBです。これを超える場合は分割してこの範囲に収めて添付してください。

楽友のページで使用する写真の大きさ(横幅)は大体800ドットまでです。たまに拡大画像をお見せするところがありますが、それは横幅1600ドットくらいまで使っています。


800×600ピクセル(.jpg)

十分に大きい写真でしょ?普通のページにアップする写真ならこれが最大サイズです。サイズダウンしたり、トリミングしたりして使うのです。

写真画像編集の話が⇒こちらにあります。

「リレー随筆」のバトンリレーは即ち人の繋がりです。人の繋がりが人生を決めます。是非、大事にしてください。ご自分のバトンを一番信頼できる方にお渡しください。バトンの渡し先は、編集部にご連絡ください。

FEST