Official Web Site sponsored by 楽友三田会
Since July 7. 2008
「楽友」へようこそ
このホームページは「慶應義塾楽友会」の有志が編集する
合唱音楽を愛する同窓の友との交わりの場です
見えない絆で結ばれた塾生と塾員が
これを通じて交歓できれば幸いです
(題字と挿絵は1951年3月創刊の「楽友」からの転載で、会友・抱 勇雄君のデザインによるものです)

⇒ 岡田忠彦先生を偲ぶ会へ


最近の更新記録
 ますは最新の掲載記事から見る人が手馴れた人

TOPIC & INFORMATION
 最近の楽友会関係の話題・情報・お知らせ

慶應義塾楽友会年代記
 1948年、塾高誕生と共に結成された「音楽愛好会」から、今日の「楽友会」に至る発展の軌跡

慶應義塾高等学校・女子高等学校の両高校楽友会
 
1950年、女子高創立と共に両高校が提携して始めた、塾内初の混声合唱活動

慶應義塾大学混声合唱団楽友会
 
1952年、「音楽愛好会」を母体として発足した、大学初の混声合唱団

楽友三田会
 1,600名をこえる「音楽愛好会」と「楽友会」出身者で構成、展開する様々な活動を、
「会務とニュース」「楽友三田会合唱団」「OSF男声合唱団」「楽友三田サロン」
「その他の趣味・同好会」の各コーナーと、
楽友会員専用の「部室(資料室)」にまとめてあります。

AGFC & AKGC
 CはConcertの略ですが実際はChoir Festival、定期的な合唱祭の観があります。
AGFCは'11年に発足したすべての楽友会員を対象とする
「オール楽友会ファミリー・コンサート」、
AKGCは'12年開催の「オール高校楽友会コンサート」の略称です。

ANTHOLOGY
 「記念資料集(Archive)」「リレー随筆」「追悼文集」「演説館(FORUM)」の各コーナー

EDITOR'S NOTE
 編集部の爺さんコンビの編集後記 

LINK
 ここから関係サイトに飛びます 

掲示板(利用自由) 
旧簡易BBS 旧・旧BBSの書き込み情報

楽友カレンダー
 楽友会諸団体の行事の予定はこちらから 

楽友サイト道案内
 HP「楽友」の構造がわかる 複雑なHPを一目で

著者名による索引 
 著者名から投稿作品へ検索出来ます

ご意見、ニュース提供、寄稿、訃報、リンク等については編集部にご連絡ください。

 編集部紹介と執筆要領 

メールアドレスなどもあります。

投稿原稿の形式についても書いてあります。

原稿作成の参考にしてください。

Google Chromeは高齢者向き

2017年2月、Google ChromeがNew Versionを出したことは、Anthorogy「演説館」に紹介しましたが、気が付かない方が大半ではないかと思います。2018年秋にまた改訂版が出ました。

視力が衰えてきた世代には、文字間隔も行間隔も広い書式で設計されています。「楽友」をご覧になる高齢者には、Google Chromeをお勧めします。

⇒ Google Chromeのダウンロードサイト

 

古いページを見ていませんか?

本ホームページの各章の目次ページなどは頻繁に更新されています。「最近の更新記録」「Topic& Info.」は日毎に更新されます。

最近にご覧になったページはあなたのPCにCache(キャッシュ)されています。そのため、更新以前のページが出て来ます。ツールバーの「更新ボタン 」を押して最新のページをご覧になってください。このボタンは全面的には信頼できません。

間違いなく更新するには、「Ctrl」キーを押しながらファンクションキー「F5」で最新の情報を見てください。

一般に、他社のブラウザーでも「Ctrl」キーを押しながら「R」キーを押すと、現在、見ているページが最新のものに更新されます。

PCを再起動すると新しいページが見られると思っている人がいます。インターネット・オプションで設定しないとそうなりません。

 

楽友会員専用の「部室(資料室)」に

楽友三田会会報バックナンバー

会報は外部のものには非公開の「部室」にしまってあります。どれだけの楽友がこの部室に入ったかご存知ですか?

入るにはUsernameとPasswordが必要です。編集部に鍵の開け方を聞いてきた人数は5指に満ちません。つまり、誰も「部室」に立ち入らないということです。

1979年に創刊された会報は元楽友三田会会長の清水康昭君がpdfファイルにしてすべてを保存しておいてくれたものです。

→ 部室入り口

編集部・わか


since 2008/7/7
「このカウンターのあるトップページのHit Counterです」
楽友訪問者は下のグラフを参照してください。実は桁違いです。

 


「楽友」ビジター数グラフ(2008/11〜) 

更新:2018年6月まで


クリックで拡大

五線紙のヒットカウンターはこのTopページをアクセスした回数の累計です。楽友の読者はTopページを経由せずにアクセスするリピーターが多いのです。凡そ5倍程度違いがあります。

GoogleやYahoo!で検索すると、個別のページに直接案内されます。それで、Topページを経ずに特定の目的記事を読むことになります。

更新記録のページを「お気に入り」に登録している人も多いです。そういう人はTopページをスキップして最新記事だけ読もうというわけです。ビジター数グラフは本サイトにアクセスした人数の統計です。公式サイトになって独自のドメインkeiogakuyukai.comでスタートした2008/11/18からの統計です。

2012年5月に異変が起こりました。23日、24日をピークに桁違いのアクセスがありました。一日に2000人のアクセスが記録されています。何かの組織的なアクセスがあったことを物語ります。偶然の変動とはいえないデータです。

どこかのホームページ紹介サイト(イエロー・ページ)などで、「楽友」の特定のテーマのページを紹介することがあります。すると、団体様がアクセスしてくることになります。カッパのジャズのサイトでもそういうことがありました。突然、桁違いのアクセスがあり、何が起こったのか調べたことがあります。

月間アクセス人数の統計です。上のグラフは毎日の人数ですが、下のグラフは月毎の人数にまとめたものです。


クリックで拡大


クリックで拡大

これは「楽友」が公式サイトになってからの累積アクセス人数です。80万人を突破しました。面白いでしょう?また、別の統計も眼で見れるようにしましょう。お楽しみに。(編集部かっぱ)


本サイトのコンテンツの無断転用はご遠慮ください

必要のある場合は「編集部」の許可を得てください
FEST